});

貧乏フリーランスの私が国民年金の免除申請を行った結果…

こんにちは!在宅ライターのもちころです!

フリーランスは、会社員と違って保険料や年金は自分で収める必要があります。

その中でも一番厳しいのが、月16,140円の国民年金!

しかし、国民年金は申請さえ行えば保険料を全額免除してもらったり猶予をつけてもらうことができるんです。

 

未納のまま差し押さえを食らうよりも全然合理的なので、私も免除申請してもらいました!

そして今日、結果が届きました!

というわけで今回は、国民年金の免除のやり方とか必要なものとかを簡単に解説していきます!

「年金払ってねー!やっべー!」という人は、ぜひ当記事を参考にしていただければと思います。

 

貧乏フリーランスには月16,140円は正直きついぞ!

フリーランスは、会社員と違って収入の並も激しく、そして税金の支払いなどを自分でやらないといけません。

私は月々だいたい10万~15万円ほど稼いでいますが、その殆どが生活費(家賃・食費・携帯代・光熱費・日用品エトセトラ)に消えていくため、正直年金なんて支払えませんでした。

 

年金がね、月5,000円ぐらいだったら私の月収でも全然払えたんですよ。

でもね…。

 

月16,140円は流石に高すぎて無理。

 

生活費でほとんど給料が消えていくのに、こんなバカ高い年金なんて払えるわけがないんですよ(言い訳)。

あと収入安定していないから、正直いって毎月年金支払うのはしんどいです。

 

年金払ったところで自分が老人になった時にもらえるか分からないし、このまま納めなくてもいいかな…。

とか一時期思ってましたよ。

けれど、未納のままにしてると催告状来たり最悪差し押さえがくるみたいだから、面倒かなと思ってすぐやめましたよ。

このまま未納にしてても面倒くさいだけだし、いっちょ年金事務所に助けを求めるか…と思い、実際に電話して相談してみました。

 

とりあえず年金事務所に電話をしてみた

意を決して年金事務所に電話をしてみました。

最初は「年金払えねえとは何事だコラ(威圧)」とか言われるかなーとビクついていましたが、そんなことなかったです。

対応してくれた人は意外と優しかったです。

 

とりあえず、電話で免除申請について質問してみたところ、以下のような答えが返ってきました。

  • 免除申請の書類は、年金のHPからゲットできるよー
  • 書類の提出は年金事務所、もしくは市役所の国民年金担当の窓口からできるよー
  • 遠くていけない場合は、郵送での受付もできるよー
  • 年金番号は年金手帳か、振込用紙に書かれてるものから確認できるよー
  • 審査中に催告状とかきても無視して大丈夫だよー、とりあえず書類は保管しといてね
  • 全額免除、納付猶予は継続申請もできるよん

こんな感じですね。

 

とりあえず、必要な書類をゲットして窓口に提出するか郵送すればOKらしいです。

その間に、年金の催告状が届いたり、委託の人が来ても「免除申請してるんですけど…」と言えば問題はないそうです。

 

「年金手帳がどっかいってしまった!」という場合は、年金の領収(納付受託)済通知書に基礎年金番号が書かれてるのでそちらを確認してみましょう。

(どちらも無くしてしまったという場合は、年金事務所に問い合わせてみてください)

 

年金の免除申請で必要なもの

年金の免除申請をするときに、必要な書類は3つです。

 

申請書類

まず必要なのが、申請書類。

「国民年金保険料 免除・納付猶予の申請について」と書かれたオレンジ色の書類です。

 

20歳になったばかりの人は、最初に届いた封筒の中に入っているはずです。

もしないという場合は、国民年金の公式HPからで印刷して入手することができます。

参照元:日本年金機構「国民年金保険料に関する手続き」

 

免除申請を受ける年に、世帯主が変更になっている場合は特記事項で書くのを忘れないようにしましょう。
私は分からないことだらけだったので、年金事務所に電話をして書いていきました。
「書き方わけわかめ」という人は、年金事務所の方に問い合わせてみてください。

年金手帳(年金番号が記載されているため)

次に必要なのが、年金手帳です。

といっても、出番自体はそこまでないです。

申請書類に基礎年金番号を書くときぐらいしか、使わないです。

 

身分証明書

また、身分証のコピーも忘れないようにしましょう。

運転免許証・保険証など、本人確認できるものです。

住所変更をしている場合は、裏面コピーも忘れないようにしてください。

 

ちなみに、書類に不備があると返送されてしまうので注意しましょう。

また、会社を辞めたり事業を廃止している場合はまた別の書類を添付しておく必要があります。

年金機構の公式HPで詳細に記載されているので、会社を辞めてフリーランスになった方などはそちらを参考にしてみてください。

参照元:国民年金保険料の免除制度・納付猶予制度

審査期間はだいたい2~3ヶ月間ほど

国民年金の審査期間は、だいたい2~3ヶ月ほどとなっています。

ちょっと長いですが、まあ気長に待ちましょう。

ちなみに私の場合、9月末に申請してようやく今日届きました。

 

12月16日!ついに審査結果がきたぞ!

買い物から帰ってポストを開けてみたら、なんと入ってましたよ!

免除申請の結果が!

 

急いではがきを開けてみたところ…なんと「全額免除」になってました!

やったね!

とりあえず、来年の6月までは年金を支払わなくて大丈夫みたいです。(ほっ)

 

さすがにあんなバカ高い年金なんて払えないしね…。

私的には、4分の1免除か半額免除ならギリ払えるかな…ぐらいの感じでしたが全額免除になったので良かったです。

年金額が高くて未納のまま放置している人も結構多いみたいですが、実際に払わないでいると最悪差し押さえがきてしまったりすることもあります。

 

未納は圧倒的にデメリットしかないので、支払いが難しい場合は免除申請をしてみるのをオススメします。

 

結論:支払いが難しいならとりあえず免除申請をやろう!

というわけで、今回は年金の免除申請について解説していきました。

未納のまま放置するより、免除申請を出して支払額を減らしてもらったほうが圧倒的にお得です。

申請のやり方は、窓口の人が丁寧に教えてくれます。

分からないことがあっても意外と丁寧に教えてくれるので、年金の支払いが現状難しいという場合は免除申請をしてみてはいかがでしょうか?

  • もちころ
  • 就労経験全くなしの状態で、フリーのWebライターになっちゃった人。
    FP2級・HTML、CSS、JavaScriptなどサイト構築系を勉強中。
    将来のことを考えて、正社員になろうか迷い中…。
    ブログでは初心者向けに仕事の取り方やら仕事をするときの注意点などをご紹介していきます
    月に1回は必ず更新するので、安心してね!