});

【JASRACさんに聞いてみた】YouTubeの音楽動画を埋め込みでブログに載せるのはまずい!?

おっすおっす、ライターのもちころです!

ライティングをしていたり、ブログを書いていると「オススメの楽曲を紹介したい」と思うことってありませんか?

普通、楽曲を紹介する際はYouTubeの「埋め込み」機能を使ってコードを貼るのが一般的なんですが、実は場合によってはそれが著作権違反になってしまうこともあるんです!

実際に知らずに楽曲動画をブログに掲載したところ、JASRACから連絡が来た…という話も多々あります。

著作権云々で揉めて、ブログ運営が立ち行かなくなったりクライアントのサイトを潰して自分の仕事がなくなってしまうのは流石に嫌ですよね…。

 

というわけで、今回はライターの私がYouTubeの音楽動画の著作権に対してJASRACに直々に問い合わせてみた結果をご紹介していきます!

これからブログでYouTubeの音楽動画を紹介しようと思っている人は、必見ですよ!

 

JASRAC様に電話して分かったこと

JASRACの本部に問い合わせたところ、以下のような回答が返ってきました。

まず、基本的に収益化をしているサイトでYouTubeで公開されている楽曲をそのまま埋め込んでしまうのはまずいとのこと。

 

  • Google AdSenseやアフィリエイト等で収益を得ているサイトに楽曲動画を埋め込む
  • 無断転載された楽曲動画をそのまま埋め込んでブログで紹介する

 

上記に該当していて動画を埋め込んでしまった場合、楽曲使用料を請求されてしまうので要注意です。

(もちろん、歌詞の掲載もNG)

 

「じゃあ、楽曲動画を紹介したい場合はどうすればいいの?」と疑問に思う人もいるでしょう。

そういう場合は、埋め込みではなく「紹介する楽曲のリンク」のみを掲載するか、もしくは収益が発生していない無料ブログサイトにリンクを掲載しましょう。

 

基本的に公式チャンネルからのリンクをブログに貼り付けて、外部サイト(YouTubeやニコニコ動画など)に飛ばすのは著作権には引っかかりません。

WordPressを使ってアフィリエイト等で収益を得ている方は、リンクのみを貼り付けて紹介するように徹底しましょう。

※無断転載された楽曲のリンクを貼り付けてしまうと、またややこしくなるので、必ず公式チャンネルから貼り付けるようにしてください。

 

知らなかったでは済まされないので、必ず覚えておきましょう。

 

※無料ブログで楽曲を紹介したいと思っている方は、こちらからJASRACと提携しているブログサービスかどうか確認してみてください。

↓↓↓

参照元:利用許諾契約を締結しているUGCサービスリストの公表について-JASRAC

 

著作権うんぬんで揉めないための鉄則

ここで、音楽動画で著作権違反にならないための鉄則をまとめます。

  • YouTubeの動画をブログで公開する際は公式のリンクのみ、埋め込みはしない
  • CDや他サイトからの転載動画のリンクは載せない(埋め込みももちろんNG)
  • 迷ったらとりあえず東京本部に電話して問い合わせよう
  • ライティングで判断に迷ったらクライアントに相談しよう

はい、こんな感じです。

基本的には埋め込みをせず、きちんと公式チャンネルのリンクを貼り付けておけば著作権違反にはなりません。

ブログを書いている時や、ライティングをしている時に掲載するかどうか判断に迷った場合はまずはクライアントに質問をする・もしくはJASRACの東京本部に電話して問い合わせましょう。

 

基本的には、普通に質問に答えてくれます。

JASRAC東京本部の情報はこちらから確認できますので、迷った際はぜひ活用してみてください。

↓↓↓

参照元:JASRAC公式HP JASRACの概要

 

YouTubeで公開されている音源をブログに掲載するかどうか迷った場合は、公式HPに記載してあるフローチャートを参照にしてみてください。↓↓↓

参照元:JASRAC公式HP 動画投稿(共有)サイトでの音楽利用

 

投稿されている楽曲が公式かどうか判断するには?

ただ、YouTubeやニコ動から楽曲のリンクを掲載したい時、公式かどうか判断できないという人もいるでしょう。

公式チャンネルで投稿されているかどうかは、意外と簡単に見分けが付きます。

 

例えば、YouTubeの場合。

画像のように、チャンネルの右側にチェックマーク(確認済みボタンです)が入っているチャンネルは基本的に公式チャンネルです。

逆にチェックが入っていないチャンネルは、違法アップロードした可能性が高いので要注意。

ただし、中には確認バッジをつけていない人も多々います。

そういった場合は、動画タイトルや説明文が不自然ではないかを確認しておきましょう。

 

 

まとめ:音楽動画を掲載する際は著作権を必ず守ろう

今回は、少しややこしい音楽動画の著作権について解説していきました。

著作権についてある程度知っておけば、法律違反になるのを予防できます。

また、紹介してもいい動画かどうかもある程度見極めた上で掲載するのがオススメです。

著作権違反の片棒を担がないためにも、今回の記事を参考にしていただければと思います。

ではでは!

  • もちころ
  • 就労経験全くなしの状態で、フリーのWebライターになっちゃった人。
    FP2級・HTML、CSS、JavaScriptなどサイト構築系を勉強中。
    将来のことを考えて、正社員になろうか迷い中…。
    ブログでは初心者向けに仕事の取り方やら仕事をするときの注意点などをご紹介していきます
    月に1回は必ず更新するので、安心してね!