});

【2020年1月】FP(ファイナンシャルプランナー)3級試験受けてきました!

こんにちは!在宅ライターのもちころです!

10月から勉強を始めて、早4ヶ月…。

ついに、今日FP(ファイナンシャルプランナー)3級の試験を受けてきました!

お金の知識を身につけるため(欲を言えば金融系の案件にチャレンジしたいがために)受けたFP3級。

 

今回は、そんなFP試験の感想やら当日の流れについて色々と書いていきたいなと思います。

これからFP資格取りたいと思っている人や、「ぶっちゃけ試験って何やるん?」と思ってる人はぜひ参考にしてみてください。

 

※ちなみに、私はFP協会で試験を受けました。

 

必ず用意しておくもの

まず、3級試験を受ける上で必ず用意しておきたいものがいくつかあります。

 

  • 受験票
  • 本人確認書類
  • 電卓
  • 筆記用具

 

まず忘れちゃいけないのが、受験票です。

これを忘れてしまうと、試験を受けられなくなってしまうので注意が必要です。

 

ちなみに、受験票は三つ折り(ペリペリ…と両面をめくるタイプのやつ)のはがきで郵送されます。

切り取り線っぽいのがありますが、間違って受験票だけ切り離さないようにしましょう。

渡しの場合、試験前にFP協会本部に受験票について問い合わせたところ、「受験票は切り離さずに持ってきてください(意訳)」と返信が来たためギリセーフでした…。

(ほんの数センチほど切り離してしまいましたが、試験当日には特に何も言われませんでした)

 

5月、9月にはじめてFP試験を受けようと思っている方は注意してください。

 

次に本人確認書類。

これも忘れてしまうと、手続きで色々と時間が取られてしまい、事前勉強に割く時間がなくなってしまいますのでご注意を。

 

電卓と筆記用具も、忘れないようにしてください。

筆記用具はHBの鉛筆・シャーペン、電卓は協会が使用可にしているものを持っていきましょう。

どちらも、協会側では貸出を行っていないので必ず持ってきてください。

もし忘れてしまった場合は、近くのコンビニで買いましょう。

 

3級試験の場合、複雑な計算式の問題がほぼないので電卓は忘れても問題はないかと思います。

ただ、あったほうが計算も楽になりますし、見直しの時間も確保できるので忘れないようにしてくださいね。

個人的に持っていて損はない持ち物

あと、個人的に持っていて損はないなと思った持ち物は以下の通りです。

 

  • 水筒
  • マスク
  • 腕時計
  • 昼食

 

マスクは、インフルエンザ予防にオススメです。

試験は、基本的に狭い密室の中で大勢の人と行います。

風邪やインフルを移されたくない場合は、1枚~2枚くらい持っていくといいでしょう。

 

水筒と昼食も、行く前に用意しておいたほうがいいです。

試験会場によっては、近くにご飯を食べるところがない場合もあります。

(私が受けた会場の近くは、運良くご飯屋がありました)

水分補給をしたくても、会場によっては自販機が混んでしまう可能性があり、なかなか取れなくなってしまうことも…。

 

行く前にあらかじめ水筒にお茶を入れて、コンビニでご飯を買っておけば余計な時間を使わず、余った時間を実技の勉強に使えます。

ぜひ試してみてくださいね。

 

あとは腕時計。

これは、ペース配分を測るのに丁度いいです。

会場によっては時計がそもそも設置されていないパターンもありますし、時間配分を気にしながら試験を受けたい場合にオススメです。

 

私は、試験日前日に百均でアナログ時計を買いました。

 

持っていなくても困りませんが、当日落ち着いて試験を受けたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

試験会場の雰囲気

他の方のブログや、ツイッターの投稿を見ていると「FP試験はめちゃくちゃ混む」「まともにご飯も食べれないし、勉強するスペースもない」という風にかかれていることが多かったため、正直行く前はめちゃくちゃ不安でした。

 

ただ、実際に行ってみたらそこまで混雑はしておらず(休憩スペースで座れないこともありましたが)、普通に勉強もできたので良かったなと思います。

受験者の多くは20代~50代以上の男女と年代は幅広く、中には私と同い年か少し年上くらいの人も何人か受けに来ていました。

 

基本的には落ち着いた雰囲気だったので、特に焦ることなく試験に臨むことができました。

(ただ、会場の雰囲気は開催場所によって大きく異なってくるのであしからず)

 

FP3級の試験日当日の流れ

さて、ここからはFP3級の試験当日の流れを簡単に解説していきます。

FP3級の時間割は以下のようになっています。

 

学科 10時~12時

(集合時間は

9時40分)

実技 13時30分~

14時30分

(集合時間は

13時10分)

 

基本的に、試験が始まる20分前には試験官から説明が入るのでそれまでには会場につくようにしてください。

教室への入室は、基本的には集合時間の10分前くらいから可能となります。

スタッフから案内がかかると思いますので、それに従って入室しましょう。

 

FP試験の大まかな流れは以下の通りです。(学科・実技共通)

  1. 受験票に書かれた着席番号(受験番号の下4桁)ごとに着席
  2. 机に受験票・本人確認書類・筆記用具・電卓を出す
  3. 試験官から試験に関する説明あり
  4. 試験開始10分前に問題が配られる(この時開いてはいけません)
  5. 開始の合図とともに、問題を解く

 

こんな感じです。

ちなみに、学科試験は試験開始後60分から試験終了前10分前まで途中で退席することができます。

問題が解き終わって見直しもバッチリなら、そのまま教室の外に出てお昼休憩を取りましょう。

 

実技の場合は、試験時間が60分のため途中退席は一切できないので要注意。

(学科試験と同じと思って出てしまうと、棄権扱いになってしまいます…)

 

試験が終わったら、問題は持ち帰ってもOKです。

自己採点をする時に使うので、分からない部分にはマークしておくといいですね。

 

【感想】今回の反省点…

今回はじめて受験したFP3級。

ネットでは「FP3級は独学でも全然イケる!」「1ヶ月くらいでほぼ知識が身につく」みたいな記事が多く、私自身もそれを鵜呑みにして勉強していきました。

 

4ヶ月間、過去問をぎっしりやって苦手な分野はYouTubeや解説サイトを使ってなんとか克服して、前日までは実技・学科ともに9割ぐらい取れていました。

それで油断しちゃったんでしょうね…。

 

「前日めっちゃ勉強したから、試験前に勉強せんでも大丈夫やろ」

とか余裕ぶっこいちゃいましたよ…。

そして試験開始をして、問題を開き、唖然としました。

 

あれ…なんか去年の問題より細かいとこ突っ込んできていない?

そう、初っ端からめちゃくちゃ細かい問題がきたんですよ。

一瞬「嘘やろ」って声に出しそうでした(そんなことやったらまずいからしないけど)

 

分からない部分も結構出はじめて、「あ、これ不合格になりそう」と思いながら学科・実技の試験を終えました。

試験が終了して、自宅に帰った時にちょうどFP協会のサイトで模範解答が公開されたため、自己採点したところ以下のような結果になりました。

 

学科…60点中47点

実技…100点中70点

 

※学科は60点満点中36点以上、実技は100点中60点以上が合格ラインです。

 

うん…なんというか、すごく普通。

一応合格ラインは超えてるっぽいけど、なんか複雑…。

学科はそこまででもないですが、実技に関しては20問中6問ミスをしており、あと2問以上ミスったらマジでやばかったです。

 

やっぱり簡単だからといって事前の対策を怠ったから、こんな結果になったんだろうなぁ…と思います。

※あと、適当にスルーしていた問題や苦手でそのまま放置していた問題もいくつか出てきました。辛い。

 

前日の私をぶん殴りたい気分です。

やはり、どんなに合格率が高い試験だからといってもきちんと対策しないのは駄目ということですね。

 

次は2級を受ける予定なので、3級のようなヘマはせず、しっかり勉強や対策をして得点率90%以上取れるように頑張りたいと思います。

 

※3月12日追記

9日に合格証明書が届きました!

次は、5月24日のFP2級試験を受けたいと思います。

頑張るぞ!

 

まとめ:FP3級は油断せずきちんと勉強すればイケる!

今回は、FP3級試験を受けてきた感想などを書いていきました。

FP3級は、比較的取りやすい資格だと言われていますが、意外と範囲も広く今回のように細かい知識を問われる場合もあります。

なるべくなら、前日・試験開始30分前にしっかりと復習をしといたほうが良いなと感じました。

これからFPの資格を取りたいと考えている方は、よろしければ今回のブログを参考にしてみてください。

 

また、過去記事でFP3級の勉強法(独学)について書いていますので、よろしければこちらも参考にしてみてください。

【FP3級】独学でも全然イケる!空いた時間にできるオススメの勉強法

  • もちころ
  • 就労経験全くなしの状態で、フリーのWebライターになっちゃった人。
    FP2級・HTML、CSS、JavaScriptなどサイト構築系を勉強中。
    将来のことを考えて、正社員になろうか迷い中…。
    ブログでは初心者向けに仕事の取り方やら仕事をするときの注意点などをご紹介していきます
    月に1回は必ず更新するので、安心してね!