【副業】Webライターの仕事内容・給料・やりがい

ネットの発達により、従来と比べて比較的自由度の高い副業が増えてきた現代。

その流れで、副業を解禁する会社も徐々に増えつつあり、本業をこなしつつ副業で収入を得ている人も増え続けています。

数ある副業の中でも、比較的参入しやすい「Webライター」

今回は、副業でWebライターがおすすめな理由・Webライターの給料や仕事内容、やりがいなどについて詳しく解説していきます。

副業で一番おすすめなのは、Webライター!その理由は?

では、なぜWebライターが副業におすすめなのでしょうか?

その理由を詳しく解説していきます。

未経験でも始めやすい

まず、なんといっても未経験でも始めやすいところです。

未経験から始められる副業はたくさんありますが、その中でもWebライターは別格です。

ポイントサイト・アンケートモニター、不用品販売よりも単価は高く、特別なスキルは特にいらないのではじめやすいのが特徴的です。

「ライターって文章能力がないと無理じゃないの?」と思う人もいるでしょうが、基本的なルール(コピペNG、てにをはなど)を理解していれば文の良し悪しはほぼ関係ないです。

実際に本業の他に、Webライターとして働いている人もいます。

PCとネット環境があれば、どこでも仕事可能

Webライターは、基本的PCとネット環境があればどこでも仕事が可能です。

在宅はもちろん、カフェやファミレス・電車、ホテル、ネカフェ…どこでも仕事ができます。

私は基本的に在宅で働いていますが、気分転換にネカフェやホテルで作業をすることもあります。

働く場所を選ばないので、事情があって外に働きにいけない人・家で仕事が死体人におすすめです。

Webライターの仕事内容

Webライターの仕事内容は、「クライアントから指示されたことを元に記事を書く」ことです。

より詳しく説明すると、こんな感じになります。

基本的にWebライターに取材はありませんが、クライアントによっては「取材してきてほしい」と言われる場合もあります。

また、クライアントによって指示出しの仕方は異なります。

  • 指定されたキーワードを元に、構成・執筆
  • 指定の構成を元に、執筆
  • 自分で検索上位にあがっているキーワードを元に、構成・執筆

などなど…。

大体は依頼書に詳細に書いてありますので、よく確認をしておきましょう。

その他、WordPress入稿・文章校正・場合によっては修正、加筆等もあります。

ですが基本的には、

  • 構成案作成
  • 執筆
  • 校正(誤字脱字、コピペなどのチェック)

がWebライターの仕事だと思っていいでしょう。

Webライターの給料

Webライターの給料相場は、大体月1万~10万円以上と幅広いです。

副業でやっている人の平均月収は、大体2~5万円ほどだそうです。

Webライターの給料は、基本的に完全出来高制なので頑張ったらがんばった分だけ稼ぐことができます。

また、1記事あたりの文字単価によって給料は異なります。

文字単価は0.1円~2円以上と幅広いのが特徴的です。

個人的には、副業でライターを始めるなら文字単価0.5円以上の案件をおすすめします。

0.1円といった低単価の案件の場合、時給換算で300円以上になってしまうこともあります。

時間と労力の無駄なので、0.5円以上の案件に応募してみるといいでしょう。

Webライターのやりがい

Webライターのやりがいは、なんといっても「自由度が高い」ところです。

PCとネット環境があれば、在宅でも仕事ができるため本業の合間にも仕事をすることができます。

また、月の本数や納期なども本業の都合に合わせることができるので、副業にはかなりぴったりです。

アルバイトや正社員と違い、安定しているとは言えませんが、そのかわりに頑張れば頑張った分だけ稼ぐことができます。

他の副業よりも参入しやすく、自由度も高いのでおすすめです。

まとめ

今回は、Webライターが副業におすすめな理由や仕事内容・給料などについて解説していきました。

未経験でも始めやすく、初期費用もないのではじめての副業におすすめです。

興味のある方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

  • もちころ
  • 就労経験全くなしの状態で、フリーのWebライターになっちゃった人。

    アニメ/副業/恋愛からゲス話などが大好き。
    最近72kgになりました。

    アイコンはココナラで書いてもらいました、すこ