【どろろ】15話感想※ネタバレ注意~作画どうした!?マイマイオンバの出番の少なさなど~

原作でかなり人気が高い、「マイマイオンバ編」。

実写映画や旧アニメでも必ず放映されるほどのエピソードですが、今作は「作画が何か変」「話が唐突すぎる」といった声が上がるほどの出来になっているみたいです。

私も実際に視聴してみましたが、ちょっとびっくり…。

というわけで、今回はどろろ15話の感想やら何やら書いていきます。

 

あらすじ

土地を治める領主・鯖目の元で泊まることになった百鬼丸とどろろ。

夜間に芋虫の妖怪に襲われた二人は、この土地で鬼神がいるのではないか?と疑い、調査を始めるようになります。

大筋をざっとまとめるとこんな感じになります。

 

・どろろが村に聞き込み、百鬼丸は鯖目のあとを追う

・村人は鯖目を慕っていることが判明するが、どろろは何か他に隠しているのではないかと睨む

・一方、百鬼丸は鯖目と対峙。それによって、この国が反映しているのは鬼神(マイマイオンバ)のおかげである、鬼神に人を食わせなければ国が持たなくなることを知る

・同時刻、どろろは怪しげな蔵に入ったところ、村人に突き落とされる(鬼神の子に食わすため)

・蔵の中には鬼神の子(芋虫妖怪)がうじゃうじゃおり食われそうになるどろろ、しかし間一髪のところで前回あらわれた小僧妖怪(鯖目とマイマイオンバ達に殺された子どもたちの霊が集合したもの)に助けられる

・鬼神と戦うも手傷を負い、逃してしまった百鬼丸(ついでに義足も壊れた)。その後どろろと再開し、再度鬼神に戦いを挑む

・百鬼丸見事勝利(ついでに背骨を取り戻した)。しかしそれが原因で村が火事になり、村人たちは失念。鯖目も死亡。どろろは人々を犠牲にしてまで鬼神を倒さなければならないのかというが、百鬼丸は話を聞かない。

・どろろは話を聞かない百鬼丸についていけず、離反。その後、かつて父の部下であったイタチと再開する。

 

百鬼丸の暴走っぷりがすごかった

今回の見所は、なんといっても百鬼丸の暴走っぷり。

「俺が体取り戻して、国に災害が起ころうが知ったこっちゃないぜ」と言わんばかりに鬼神をぶった切ります。

義足がぶっ壊れても、負傷しても鬼神(マイマイオンバ)に斬りかかる

実父や実弟には「国に仇なす鬼神」認定され、母からは「あなたのことは救えない」と言われたことで余計にその思いが強くなったんだろうなーって思います。

唯一の理解者でもあるどろろの言うことすら、耳に入らなくなって来ましたしね。

 

これからどうなるのか…ちょっと気になります。

 

鯖目さんや村人も単なる被害者ではなかった

原作だと、鯖目さんや村人たちはマイマイオンバに騙されていましたが、今作では違います。

国の繁栄を守るため、外部からきた人間をマイマイオンバに食わせようとするなど原作よりかなり狂気じみたことをしてくれます。

また、マイマイオンバが死んで備蓄していた食料や家が焼けてしまったときも、皆前半と違って争うようになります。

 

領主である鯖目さんに対して、「おい、鯖目なんとかしろよ」的なこと言うぐらいですしね。

まあ、この村もマイマイオンバたちが来る前は野伏やら野犬やらに襲われて、相当苦しかったみたいです。

鯖目さんも「国の繁栄のためなら鬼神と結婚する」みたいな感じのこと言ってましたし。

 

今作では被害者としての一面だけでなく、貧しさなどから狂気じみた行いをする加害者的一面も描かれていたのはちょっとゾッとしましたね。

 

ツッコミ① 作画がなんか変

鬼神を倒していくことで、国にどのような影響が出るのかが色濃く書かれた回でしたが、何点か突っ込んでいきます。

まず、作画です。

前回までは普通だったのに、今回はなんかちょっと変な作画になっています。

 

どろろ 公式サイトより出展 リンク→https://dororo-anime.com/story_detail.html?id=1983&unique=story&categories=48

どろろ 公式サイトより出展 リンク→https://dororo-anime.com/story_detail.html?id=1983&unique=story&categories=48

何か、前回と比べると色合いが雑だったり、モブキャラの書き方がすごい雑なんですよね(語彙力)

意図的な演出なのでしょうか?

それともわざとなのでしょうか?

いつもと違うので、ちょっとびっくりしましたね。

 

追記

どろろの15話の絵コンテ・演出が、「コバヤシオサム」さんという方であることが判明しました。

独特な作画や演出が特徴的な方なため、ファンの間でも賛否両論が別れていました。

ちなみにコバヤシさんは、「グレンラガン」の4話も担当されていたそうです。

 

マイマイオンバさん、ワンパンで終わる

今回のメインの敵といえば、蛾の鬼神「マイマイオンバ」。

普段は美しい女性の姿をしていますが、その正体は蛾の姿をした鬼神で、鯖目との間に何人もの子どもを授かっています。

 

↑動画42秒あたりに出てくる、白い髪の女性です。

 

原作だと結構喋っているんですが、今作で人間形態・喋ったのは14話のみ。

15話は完全に化物形態で、人間に変化せずそのまま百鬼丸に倒されて終わりました。

 

何か、万代さんのときと言い、制作陣は女妖怪に何か恨みでもあるのでしょうか?

 

まとめ

今回は、どろろ15話について解説していきました。

作画やストーリー展開の早さから物議を醸し出していますが、それを抜きにして見ればまあまあ面白いなと思いました。

百鬼丸が体を取り戻すごとに国がどんどん衰退していく…それを直接見れたのが幸いです。

すれ違いから離別してしまった百鬼丸とどろろ。

今後はどうなるのでしょうか?

次回は、片腕のない少年・しらぬいくんが出てくるので楽しみです。