ニートが在宅ワークをやっておいたほうが理由

引きこもりでずっとニートやってるけど、正直将来が不安…。でもバイトとかするの怖いし…どうすればいいんだろ。

こういうふうに考えている人もいるでしょう。

職歴がなくて、ずっとヒキニートやってると正直精神やみますよね。

 

そんな人におすすめなのが、「在宅ワーク」です。

人と接する必要もなく、なおかつ社会復帰やメンタル回復にも繋がります。

 

今回は、ニートが在宅ワークをやっておいたほうが理由について色々と解説していきたいと思います。

 

ニートが在宅ワークをやっておいたほうが理由① 最高の暇つぶしになる

まず、在宅ワークはニート生活でかなり有意義な…最高の暇つぶしになれます。

 

ゴロゴロして、ネット見て、ゲームやって、寝て…こういった生活は最初こそ楽しいですが、1周間もすれば飽きてきます。

私も専門学校を中退してからは、ニート生活をしていましたが、マジで暇で暇で仕方がありませんでした。

 

暇すぎて、適当にskypeでエロ凸してきた奴にふざけた対応するぐらい、かーなり暇でした。

 

しかし、在宅ワークを始めてからそれなりに忙しくなったし、まあまあいい感じに暇つぶしになるで個人的にはいいなーって思ってます。

ダラダラと時間を浪費するより、在宅ワークをやっておけばそこそこ暇を潰すことが出来ます。

「毎日暇で暇で仕方がない!」という人は、在宅ワークをやってみてはいかがでしょうか?

 

(ただし、あくまで仕事なので責任持ってやりますしょうね。)

 

ニートが在宅ワークをやっておいたほうが理由② ついでにお金も得られる

また、在宅ワークは暇つぶしと同時にお金を得ることが出来ます。

 

最初の頃は単価はかなり低いですが、それなりに実績を積んでいけばいずれ高単価な依頼にも挑戦が出来るんです。

私がやっているライターは、今かなり需要が高いので実績を積めば、高単価な案件も確保出来ます。

 

クラウドソーシングサービスを使えば、未経験でも在宅ワークを始められるのでぜひ試してみてくださいね。

 

個人的におすすめなクラウドソーシングサービスは、「ビズシーク」です。

他サイトと比べると、システム利用料がかなり安く、未経験でも出来る案件が多いのでおすすめです。

大手のサイトで、なおかつ登録も無料なので興味のある方はぜひやってみてください。



ニートが在宅ワークをやっておいたほうが理由③ 履歴書に書ける

また、在宅ワークは履歴書に書くことが出来ます。

立派な職歴にもなるので、従来と比べると転職や就職で多少有利になります。

 

在宅ワークで経験を積んでおけば、即戦力として採用されることもありますので、ぜひやってみてください。

 

ニートが在宅ワークをやっておいたほうが理由④ スキルアップにも繋がる

在宅ワークはスキルアップにも繋がります。

 

基本的に一人で作業をするので、「どうやって効率よく仕事を獲得していくか」「高単価な案件を確保するには、どんなスキルが必要なのか」「そのためには、何をどうすればいいのか」といった風に芋づる式で考えることが多いです。

 

故に、普通の職業と違ってスキルアップしやすいのが特徴的です。

 

例えば、ライターの場合。

「高単価な案件を受けたい」→「実績を積む」→「定期的に営業をする(SNSなども駆使)」→「WordPressの基本操作を覚える・SEO対策を学ぶ(自分でサイトを運営してみるなど」→「その他、専門的な知識を身につける(実際に体験してみる・本を読んで会得するなど)」

 

独学でスキルを会得していれば、いざ転職・就職となったときに役立ちます。

ニート期間は、ポジティブに考えれば休息・成長の時期でもありますので、社会復帰したいと考えている人はぜひ試してみてくださいね。

まとめ

今回は、ニートが在宅ワークをした方がいい理由について解説していきました。

今はネットが発達しているので、家から出なくても仕事が出来るようになりました。

ニート中に在宅ワークをしておけば、仕事をしてお金をもらえるという達成感を得られますし、職歴やスキルアップにも繋がります。

ニートでも働きたいと思っている人は、ぜひチャレンジしてみてください。

  • もちころ
  • 就労経験全くなしの状態で、フリーのWebライターになっちゃった人。

    アニメ/副業/恋愛からゲス話などが大好き。
    最近72kgになりました。

    アイコンはココナラで書いてもらいました、すこ