郵便局に転居届を出す方法~必要なものなども解説~

引っ越しをしたときに、まずやっておきたい「郵便局への転居届」。

これをしていないと、自分宛ての郵便物がいつまで経っても届かず、旧住所宛てに届いてしまいます。

自分宛ての書類を新居で確実に受け取るなら、事前に郵便局へ転居届を提出しておきましょう。

 

今回は、郵便局に転居届を出す方法や必要なものについて詳しく解説していきます。

 

転居届を出す方法は3つ

郵便局に転居届を出す方法は、大まかに分けて3つあります。

 

直接窓口で提出

1つ目は、直接窓口で提出するタイプ。

窓口で受付の人に「転居届出したいんですけど」といえば用紙をもらえます。

あとは、その場で記入をし、身分証も見せて提出すれば終了です。

 

基本的には全国どの郵便局で手続き可能です

「引っ越す前に転居届をやっておくのを忘れた」という場合でも大丈夫なので、安心してください。

 

郵送で提出

どうしても時間がないという人は、郵送で提出するという手もあります。

郵便局で用紙をもらい、記入をし、ポストに投函をすれば転居届の手続きを行うことが出来ます。

(切手は不要)

 

仕事で忙しくて郵便局に寄れないという場合でも、転居の手続きを行えるので、直接行くのが難しい場合はこちらを利用しましょう。

 

ネットで提出

「近くに郵便局がなく、なおかつポストもない」

そんな場合は、ネットでも手続きが可能です。

 

日本郵便の公式サイトにアクセスをし、必要項目を入力すれば転居の手続きが可能です。

https://welcometown.post.japanpost.jp/etn/

ネットでの手続きはこちらです。↑↑

 

スマホや携帯から出来るので、近くに郵便局がない場合はそちらを利用するといいでしょう。

 

ただ、郵送・ネットで転居手続きをする場合「旧住所または新住所へ郵便局の人が現地訪問」「旧住所宛へ確認書の送付」といったことがあります。

事情があって実家に引っ越したことを知られたくない…という人は直接郵便局にいって手続きをしたほうがいいです。

 

また、郵便局の転送期間は1年です。(利用はもちろん無料)

転送不要のもの(キャッシュカードやクレジットカード、市役所や年金事務所からの手紙など)は、市役所の方で住民票を異動しないと届かないので注意してください。

 

転居届を出す時に必要なもの

郵便局で転居届を出す時に必要なものは、以下の通りです。

 

身分証明書

直接窓口に行って手続きをする場合は、身分証明書を持っていきましょう。

基本的に旧住所が確認出来るもの(免許証や保険証、パスポートなど)があれば受付てもらえます。

※ネットで手続きをする場合は不要。

 

印鑑

次に必要なのは、印鑑です。

こちらは認印で構いません。

印鑑を持っていない場合は、百均で購入するかはんこ屋に作ってもらうといいでしょう。

(珍しい名字の人は、百均に印鑑が置いていないことがほとんどなのではんこ屋で作ってもらったほうが無難です)

 

転居用の用紙

続いて必要なのが、転居用の用紙です。

郵送・窓口で手続きを行う場合に必要になってきます。

 

用紙は受付の人に言えばもらえます。

必要事項を記入して提出すれば、3~7日程度で手続完了です。

用紙の控えには転送が受付されたかどうか確認出来る、10桁の番号があります。

 

https://welcometown.post.japanpost.jp/etn/ETN40S10MMC.html

こちらのサイトで確認可能↑↑↑

 

ここのサイトに10桁番号を打ち込めば、確認可能です。

 

ついでにゆうちょ銀行の住所変更も

ゆうちょ銀行を作っているなら、転居届と一緒に住所変更もしておくといいでしょう。

手続自体は5分~10分ほどで完了します。

転居届を提出するときに、受付の人に言ってみるといいでしょう。

 

まとめ

今回は、郵便局の転居届について解説していきました。

引っ越す時に必ずやっておいたほうがいいです。

わからないことがあれば、郵便局の受付スタッフが教えてくれます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。