簡易書留って何?料金や速達のやり方などもご紹介!

一般的な郵便とは違い、追跡も可能で万が一事故等で届かなかった場合に保障をしてくれるサービス「書留」。

一般書留、現金書留、簡易書留の3種類がありますが、その中でも比較的安く利用できる「簡易書留」というものがあります。

契約書や秘密保持契約書、願書、チケットと言った重要な書類を相手方に郵送するときに使うものです。

 

とはいっても、「簡易書留ってよくわからない」「どれくらい保障されているの?」「簡易書留の方が普通郵便よりも安心なの?」といった疑問を持つ人もいるはずです。

重要な書類を送る際に、どうやって送ればいいか分からない…というのは困りものですからね。

 

今回は、そんな人に向けて実際に簡易書留を利用した筆者が、簡易書留の料金や速達のやり方、一般書留の違いなどについて詳しく解説していきます。

 

書留ってそもそも何?

書留とは、重要書類や現金といった普通の郵便物よりもかなり重要なものを厳重に届けてくれるサービスです。

 

  1. 一般書留
  2. 現金書留
  3. 簡易書留

用途に併せて、上記の3つから選んで配送させることが可能です。

 

一般書留と簡易書留は、利用できるサービスが限られるか・料金が安いかどうかという違いがあるだけで、重要書類やチケットといったものを送る際に使うものです。

現金書留は、その名の通り現金を郵送する際に使うサービスです。

※現金を普通郵便で出してしまったり、ゆうパックの状態で送ってしまうと色々と面倒なことになるので注意してください。

 

切手+追加で料金がかかってしまいますが、その分普通郵便よりも安全に郵便物を届けることができるというメリットがあります。

万が一、事故などで紛失してしまった場合は、損害賠償の範囲内で実損額を支払ってくれるという面もあります。

 

  1. 差し出しの際にお申し出いただける損害要償額は、現金書留が50万円まで、一般書留が500万円までです(ただし、内容とする現金の額(現金以外のものは時価)を超えて申し出ることはできません。)。
  2. 損害要償額のお申し出がない場合、損害要償額は現金書留は1万円、一般書留は10万円となります。

日本郵便公式サイト「書留」より引用 https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/kakitome/

 

ちなみに、簡易書留の場合は、賠償額は原則5万円までとなっています。

また、書留は基本的に郵便物の追跡が可能なので、普通郵便と比べてもかなり使いやすいです。

重要書類を安心して届けたいという人は、書留を利用してみるといいでしょう。

 

簡易書留と一般書留の違い

簡易書留と一般書留の大まかな違いは、以下の通りです。

 

  • 一般書留は、実損額の保障がかなり大きいが、簡易書留は5万円まで
  • 一般書留は、引受・中継・到着・配達など一連の流れを見れるが、簡易書留は引受と配達までしか追跡出来ない

 

要は、「細かい部分まで追跡できるか」「実損額はどれくらいなのか」という違いがあるだけです。

個人的には、一般書留を使う際は商品券や金券といったお金が絡むもの・簡易書留は書類やチケットといったものを安く送りたいときに使えばいいかなって感じです。

 

だって、簡易書留のほうが圧倒的に料金が安いし…(爆)

 

簡易書留の料金

簡易書留の料金は、切手代+定形25g・50g以内のものは392円・402円となっています。

定形外になったり、規格外になってしまうと料金はどんどん高くなってくるので注意してください。

ちなみに、最高料金は4kg以内で1,490円です。

 

また、早めに郵便物を送りたいという場合はオプションで「速達」を指定することも出来ます。

この場合も、追加料金がかかるので注意してください。

 

簡易書留の送り方

それでは、ここからは簡易書留の送り方について大まかに解説していきます。

簡易書留で送る際、封筒は基本的に何でも構いません。

事前に切手を貼っておくと、書留料金やオプション料金のみ支払えばいいので、あらかじめ貼っておくといいでしょう。

 

郵便局に直接持ち込む

郵便物の用意が出来たら、郵便局に直接持ち込んで手続きをしましょう。

簡易書留は、ポスト投函やコンビニでの手続きでは出来ません。

きちんと郵便局の窓口に行く必要があります。

 

受付の人に簡易書留で送ってもらうようにお願いする

次に、窓口に行って受付の人に「簡易書留で送ってください」と頼みましょう。

私の場合は、「書留でお願いします」と言ったら「一般と簡易どちらをご希望ですか?」と言われました。

もしわからない場合は、どっちで送ったほうがいいか受付の人に聞いてみるといいでしょう。

 

封筒を渡したら、あとは受付の人が書留の手続きをしてくれます。

また、速達で送りたい場合は、受付の人に「速達でお願いします」と頼んでみましょう。

ついでにやってくれますので。

 

料金を支払う・領収書をもらって終わり

手続きが完了したら、あとは料金を支払って領収書と控えをもらうだけです。

この控えには、追跡に必要な番号が記載されていますのでなくさないようにしましょう。

大体混雑してなければ、5分ほどで完了します。

 

割とササッとできるので、重要書類などを送りたいという人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【番外編】簡易書留の追跡の仕方

簡易書留の追跡は、控えに記載された番号を専用サイトに入力すれば、すぐに判明します。

個別番号検索と連続番号検索の2種類ありますが、大半は個別で調べられます。

 

送った郵便物がどうなったかを確認したい場合は、こちらのサイトで確認しておくといいでしょう。

 

https://trackings.post.japanpost.jp/services/srv/search/

日本郵便公式サイト「郵便追跡サービス」より

 

まとめ

今回は、簡易書留について詳しく解説していきました。

簡易書留は、一般書留よりも料金が安く手軽に送れるサービスです。

重要書類を安く郵送したいという人におすすめです。

今回ご紹介したことを、ぜひ参考にしてみてください。