在宅ライターで月10万円稼ぐために、実際に私がやったこと

こんにちは!

在宅ライター兼ブロガーのもちころです!

 

インターネットの発展から、ますます需要が高まっている在宅ライター。

在宅ワークの中では単価が低いと言われていますが、実績を上げれば上げていくほど単価もアップするため、子育てや介護で外に働きに行けない人やサラリーマン・OLの副業などを中心に絶大な人気を誇っている職業です。

 

かくいう私も1年以上前に在宅ライターを始め、最初の頃は月5,000円くらいしか稼げませんでしたが、いろいろと実績を上げる内に一応安定して月10万円は稼げるようになってきました。

 

「月10万円稼ぎたいと思ってるけど、具体的には何をしたらいいの?」

「月10万円稼ぐには、何から始めたほうがいいの?」

読者のそんな疑問にお答えして、実際に私がどうやって月10万円稼いできたかなどをご紹介していきます。

 

ライティングで月10万円稼ぐのは、そこまで難しくないぜ☆

「Webライティングだけで月10万円稼ぐのは難しい」

ネットで検索すると、このような意見を度々見かけます。

在宅ライターは単価も安いし、月10万円コンスタントに稼ぐのは正直難しい…。

だから自分には無理だ…。

 

正直私もそう思ってました。

しかし、実際に1年以上やってきましたが月10万円を稼ぐことは大変だけどそこまで難しくはないんだなと思いました。

 

  • いろいろな案件に片っ端から提案する
  • 継続依頼してもらえるように、ルールを守ってライティングする
  • 定期的に新規で契約先を確保する
  • 単価をアップ出来ないか交渉してみる
  • SEOの基本知識やWordPressの基本操作などの勉強

 

この5つを繰り返しやっていくことで、1年位で月10万円は稼げるようになったのです。

最初は繰り返しやるのはしんどいなと思いましたが、その分金銭的にも余裕が出たし、経験値も詰めたので個人的にはラッキーかなって感じです。

 

…さて、雑談はここまでにして、月10万円稼ぐために実際私が何をやったのか?について下記で詳しく解説していきます。

 

月10万円稼ぐために、実際に私がやったこと

クラウドソーシングをフル活用、評価も単価も上げまくる!

全くの未経験で在宅ライターを始める場合は、まずクラウドソーシングをフル活用してみるといいでしょう。

クラウドソーシングは、未経験でも出来る案件がゴロゴロ転がっており、求人サイトよりも案件が多いので仕事を確保しやすいのが特徴的。

 

また、普通のお仕事と違って「評価」「実績」が分かりやすく明記されているので、どんどん案件に応募してこなしていけば評価も実績もアップしていきます。

評価が良ければ直接スカウトが来ることもありますし、プロクラウドワーカー(クラウドワークスの場合)・認定ランサー(ランサーズの場合)などに選ばれれば当選する確率も高くなります。

 

直接契約とは違い、評価や実績が明確になっているので月10万円を稼ぐならクラウドソーシングのサービスをフル活用しましょう。

また、より効率よく稼ぐなら複数のサイトを掛け持ちして提案していったほうがいいです。

私もそのやり方で、クライアントを確保したのでおすすめですよ。

 

TwitterやInstagramでライター募集している人に直接応募

クラウドソーシングのライティングで慣れてきたら、外部の方にも応募してみるといいでしょう。

 

最近ではTwitterやInstagramなどでも募集をしていることが多いです。

「#ライター募集」と検索をすれば、いくらでも案件は出てきます。

 

いい案件があったら、早めに応募しておきましょう。

また、SNSでメディア運営者や編集者・ライターと繋がっておくことでおこぼれでお仕事をもらえることも出来ます。

万が一クラウドソーシングで仕事が途絶えた時に備えて、定期的にフォローをしたり、情報交換をしておきましょう。

 

Indeedや@SOHOで応募→直接契約

SNSだけではなく、Indeedや@SOHOなどのポータルサイトを使ってみるといいでしょう。

 

企業と直接契約をしておけば、クラウドソーシングでありがちな「システム手数料」を取られることはありません。

決められた日にちに振り込んでくれるので、直接契約でも何件かは確保しておきましょう。

 

【永久保存版】未経験ライターが仕事を獲得する方法

↑案件の詳しい取り方は、過去記事でも執筆しています。

よければ、こちらも参考にしてみてください。

 

月10万円稼ぐなら、文字単価1円以上は取っておいたほうがいい

月10万円コンスタントに稼いでいくなら、私の経験上文字単価1円以上は取っておいたほうがいいです。

 

文字単価1円というと、「高くね?」と思う人もいるかもしれませんが、実績を積んでおけば比較的取りやすいのが特徴的です。

私自身も、今確保している案件の中で文字単価1円以上は4つくらいあります。

 

最初のうちは、文字単価1円以上の案件を1件は確保出来るように頑張ってみましょう。

どんどん実績を積んで、1円以上の案件も確保していきましょう。

 

記名記事は提案に役立つよ、マジで

文字単価1円以上の案件に応募する際は、記名記事を添付しておくと選考に有利になりやすいです。

 

私も、過去に執筆した記事で記名記事を提案に出した際に、比較的受かりやすくなったのでおすすめです。

記名記事を執筆出来るメディアは意外とあります。

もしない場合は、担当者に直接問い合わせてみるといいでしょう。

 

最初は安い単価かもしれませんが、記名記事を一つでも持っておくだけでだいぶ違います。

是非試してみてくださいね。

(始めたての頃は、自身が書いたブログも提案に入れておくといいでしょう)

 

まとめ

今回は、在宅ライターで月10万円以上稼ぐために私が実際にやったことをご紹介していきました。

最初は単価は低いですが、実績を積み上げていくことで徐々に単価もアップしますし、新たに契約先を開拓しておくことでより稼げるようになってきます。

ちょっと面倒くさいと思いますが、やればやるほど報酬が上がるのが在宅ライターなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

  • もちころ
  • 就労経験全くなしの状態で、フリーのWebライターになっちゃった人。

    アニメ/副業/恋愛からゲス話などが大好き。
    最近72kgになりました。

    アイコンはココナラで書いてもらいました、すこ