転入の手続きってそもそもどうやるの?手続きのやり方や持ち物を分かりやすく解説!

「遠くまで家出してきたけど、そろそろ住所変更しないとやばい」

「だけど、転入手続きってどうやってやるの?」

このように疑問に思っている人もいるでしょう。

 

特にはじめて転入手続きをしようとなると、いろいろ勝手がわからないので戸惑ってしまう人もいるかと思います。

確かに色々用意するものがあったり、書類を書かないといけないので全然分からないという気持ちはわかります。

私もそうでしたしね。

 

というわけで、今回は転入の手続きについて、ものすっごく分かりやすく解説していきます。

持ち物や手続きの流れ、その他やっておいたほうがいいことも併せて解説していきます。

家出しているけど住所変更はしたい、はじめて引っ越しをして全然わかんないという人は、ぜひ参考にしてみてください。

(今回の記事は、「親に住所バレても平気マジ卍」という人向けに書きました。

逆に親に住所がバレたら困るという人は、市役所や警察に行って相談してみましょう。)

 

転入の手続きで持っていくもの

転入の手続きをする際に最低限持っていきたいもの、それは「転出証明書」「身分証明書」「印鑑」の3つです。

この3つを忘れてしまうと、転入の手続きが出来ないので注意してください。

 

これがないと始まらない:転出証明書

転入をする上でものすごく重要なのが、転出証明書

「前の市区町村から引っ越しましたよー」という証明書なので、必ず持っていきましょう。

 

そのまま家を飛び出してきて、転出証明書を直接もらえない…。

そういった場合は郵送での請求も可能です。

詳しいやり方は過去記事に書いていますので、参考にしてみてくださいね。

転出証明書は郵送でも発行可!やり方や用意するものなど分かりやすく徹底解説

 

絶対に持っていけ:身分証明書

転出証明書の次に重要なのが、身分証明書です。

 

・免許証

・マイナンバーカード

・保険証などなど

 

あくまで本人確認と、元いた住所を確認するために使うものなので旧住所の表記のままで大丈夫です。

もし使える身分証がない…という場合は、一度市役所の職員に相談してみるといいでしょう。

 

場合によっては必要:印鑑

一応持っておいたほうがいいものが印鑑です。

市区町村によっては、印鑑が不要なところもありますが、念の為持っておいたほうがいいでしょう。

印鑑に関しては、認印で大丈夫です。

 

もし自分のハンコがない…という場合は、百均で買うかはんこ屋で作ってもらうといいでしょう。

私もはんこ屋で作ってもらいました。

 

転入手続きの大まかなやり方

さてここからは、転入の手続きについてざっくりと解説していきます。

転入の手続きの手順は、以下の通りです。

 

  1. 市民課に行って、番号札を受け取る(役所によってはない場合もあります)
  2. 番号を呼ばれたら、職員の人に「転入手続きお願いします」という
  3. 転入届の用紙を渡されるので、記入
  4. 本人確認用の身分証明書の提出

 

大体は、こんな感じになります。

基本的には「転入手続きお願いします」と言えば、自動的に職員さんが手続きを済ませてくれるので意外と簡単です。

分からない部分があった場合、職員さんに聞けばある程度教えてくれます。

 

余談ですが、市役所によっては新住所がアパートだった場合、「部屋番号とアパート名、詰めて書いたほうが良い?どうする?」的な感じのことを聞かれることがあります。

私も今日聞かれましたが、正直どっちでも良かったので「じゃあ詰めてお願いします」と言っておきました。

 

表記で聞かれるなんてはじめてで、若干驚いたンゴ。

 

その他、やっておいたほうがいいこと

転入の手続きのついでに、やっておいたほうがいいこともあります。

人によっては該当しない場合もありますが、ここでは個人的に「ついでにやっておいたほうがいいんでね?」という部分をいろいろと書いていきます。

 

(社会保険に入っていない場合は)国保への加入

社会保険に入っておらず無職・または個人事業主の場合は、国民健康保険(国保)への加入が義務付けられています。

「保険証なくしてしまった」

「家出した時に、そのまんま置いてきてしまった」

そういった場合は、転入のついでに国保に加入しておきましょう。

 

市役所の人に頼めば勝手に手続きしてくれます。

保険証については転入してから大体1週間~10日くらいで届くそうです。(市役所のお兄さん談)

支払いなど不明点があれば、市役所の方に問い合わせてみるといいでしょう。

 

マイナンバーカードの住所変更・なくした場合は再発行

マイナンバーカードを持っている場合は、ついでに住所変更しておきましょう。

転入届を出した時に、ついでに「マイナンバーカードの住所変更もしたいです」と伝えれば手続きしてくれます。

 

「マイナンバーカード作ってないし、そもそも通知カードすらなくした」

という場合は、再発行してもらうことも可能です。

ただし、通知カードは再発行手数料が500円かかったり、再発行されるまで1ヶ月くらいかかるなどデメリットもありますので急ぎじゃない場合は後回しにしても大丈夫です。

まとめ

今回は転入の手続きについて詳しく解説していきました。

役所の手続きってなんだか面倒臭そうに聞こえますが、実際は簡単です。

転出証明書を提出して、転入届を記入して提出すればそれで終わりです。

 

「家出して住所そのまんまだった」

「バタバタしてて忘れてた」

という人は、是非参考にしてみてくださいね。

  • もちころ
  • 就労経験全くなしの状態で、フリーのWebライターになっちゃった人。

    アニメ/副業/恋愛からゲス話などが大好き。
    最近72kgになりました。

    アイコンはココナラで書いてもらいました、すこ