食費を安く済ませるにはどうすればいい?おすすめの食材や抑え方のコツをご紹介!

こんにちは!もちころです!

新居に引っ越して1ヶ月以上経ちましたが、金銭面でヒーヒーいながら過ごしてますw

 

家賃に関しては仕方のないことですが、問題はそう…二人分の食費です。

面倒臭がってついつい外食したり、コンビニで買ってしまったりしていつもお金を無駄遣いしてしまう私と旦那氏。

いい加減やばいとのことで、食費を抑える方法を試行錯誤した結果、前より1ヶ月分の食費を抑えるコツを見つけたのです!

 

今回は、生活費の中で比較的削りやすい食費の抑え方や家計にやさしいおすすめの食材などをご紹介していきます!

 

家計にやさしいおすすめの食材はこれだ!

「食費を抑えるっていっても、どんな食材買えば良いかわからない」

「とりあえず安い食材買っておけばいいんじゃないの?」

と疑問を抱く人もいるでしょう。

 

単純に考えれば、安い食材を買って献立を立てておけば食費を安く抑えられますが、必要な栄養分を取らければ意味がありません。

(お肉や魚などは特にね)

 

お肉や魚は割高と思われがちですが、割引で売られていたりするので買っておきましょう。

スーパーによっては、お得なパックも販売されているのでチェックしておきましょう。

 

ここでは、個人的に安くて栄養価の高いおすすめの食材を何個かご紹介していきます。

むね肉

安い食材の王様とも言える「むね肉」。

カレーや唐揚げ、煮物、てりやき、スープなどに使える万能な食材です。

100gあたり40円~60円くらいで購入出来るので、食費を安く済ませたいなら買っておきましょう。

 

豆腐

むね肉と同じく様々な料理に使える万能アイテム「豆腐」。

こちらも3パックで70円~90円ほどで購入することが出来ます。

割引がついたら、もっと安く購入出来ますので、定期的にチラシをチェックしましょう。

 

もやし

炒め、煮物、スープに使える「もやし」。

1袋あたり20円~40円ほどで購入出来ます。

セールのときとかは、10円で売られている場合もありますので、こちらもこまめにチェックしましょう。

 

ただし、安い分傷むのも早いので、2~3日ぐらいですべて使い切るようにしましょう。

(ちなみに、私の場合1週間以上放置して腐らせたことがあります。

汁がめちゃくちゃ臭くて、臭いを取るのが大変なので注意してください。)

 

大根

栄養価の高い野菜でおなじみの「大根」。

煮物や味噌汁などに使える食材です。

3分の1カットなら大体60円くらいで購入出来ます。

 

細かく切ってパックに入れて冷凍すれば、保存も可能なのでおすすめですよ。

 

この4つは栄養価も高く、なおかつどの料理にもアレンジが効く食材なのでまじでおすすめです!

 

食費の抑え方

では、食費を抑えるにはどうすればいいのでしょうか?

ここでは、我が家で実際にやっている抑え方をご紹介していきます。

 

あらかじめ1週間分の献立をメモしとく

無駄な買い物を防ぐためにも、あらかじめ1週間分の献立をメモにしておきましょう。

※私の場合、Webで検索していたらそのような方法でやっている人がいたので参考にしてみました。

 

1週間分の献立をメモしておけば、そのとおりに買い物でき、無駄な出費を防げます。

忘れないように冷蔵庫に磁石で貼り付けておくと、効果的ですよ!

 

スマホのメモ帳機能でも全然出来るので、ぜひ試してみてください!

 

アプリを利用して、セールがやってないかチェック

「スーパーのセールがいつやるか分からない…」

「うち新聞取ってないから、広告が来ない…」

このような場合は、アプリを利用してセールがやっていないかチェックしてみるといいでしょう。

 

個人的におすすめのアプリは「トクバイ」「シュフー」です。

トクバイは、お店を探して簡単に広告やセール情報が見れるアプリです。

シュフーもトクバイと同じく、セール情報や広告を見れるアプリなのでどちらも入れておくといいでしょう。

 

なるべくなら、2件くらいスーパーを回ってみる

安く食材を購入したい、食費を抑えるなら2件くらいスーパーを回ってみるといいでしょう。

スーパーによって食材の値段は異なってくるので、2件くらい回っておけばお得に購入することが出来ます。

どのスーパーでどの食材が安いというのを頭に入れておかないと混乱するので、こちらは慣れてから試してみるといいでしょう。

 

まとめ

今回は、食費の抑え方のコツなどをご紹介していきました。

安くて栄養の高い食材は何なのか、どのような方法でやれば食材を抑えられるのか知りたいという方はぜひ参考にしてみてくださいね。