});

WordPressはライターにとってメリットだらけ!スキル・単価アップにも繋がる!その理由は?

Webライターがスキルアップをしていく上で、避けては通れないであろう「WordPress」。

とはいっても、普通に暮らしているとWordPressの「わ」の字も知らずどんな機能か分からない…という人もいるでしょう。

(私も1年位まで「WordPressってなんぞや」みたいな感じでした)

 

ただ、WordPressを使えるか使えないかによってWebライターとしての単価も大幅に変わっていきます。

実際に私もWordPressを使い始めてから着実に単価が上がりました。

 

というわけで、今回はライターがWordPressを使えたほうがいい理由などをご紹介していきます。

 

WordPressとは

WordPressとは、簡単に言うと「オープンソースで公開されているソフトウェア」のことを指します。

サイトを作る上で必要なHTMLなどの専門知識がなくても、誰でも簡単にサイトやブログを作ることが出来るCMSです。

よく目にする無料ブログ(はてな・アメブロなど)と異なり、WordPressの場合は「自分でサイトデザインを作れる」「広告を自由に貼れる、もしくは非表示にできる」など自由度が高いのが特徴的です。

 

無料ブログよりも検索上位に入りやすいことから、クライアントの大半はライターからもらった原稿を元にWordPressへ直入稿しWeb上に公開しています。

 

WordPressで出来ること

WordPress上に入れてあるプラグイン(WordPressにもともと備わっていない機能。アプリみたいなものと覚えておけばOKです)によって微妙に差異はありますが、最低限出来ることは以下の通りです。

  • テキスト入力
  • 画像挿入
  • 文字装飾(黄色マーカー、太字、斜線など)
  • リンクの挿入、メディアの挿入
  • 見出しタグ(h2、h3など)の挿入
  • 引用など

 

以上が挙げられます。

このように、WordPressはテキスト入力だけでなく文字の装飾や画像・リンクの挿入など幅広いことが出来るのです。

最初のうちは、文字装飾や画像挿入などは難易度が高すぎるので、WordPressでテキスト入力のみを担当する案件がおすすめです。

 

「WordPress=難しい」?→ぶっちゃけそこまで難しくない

先述したとおり、WordPressは普段なかなか聞かない言葉なので初めての人からしたら「絶対難しいでしょ」と思うはずです。

私自身もはじめたての頃は本当にそう思っていました。

 

ただ、結論から言うとWordPressはそこまで難しいものではありません

最初は慣れない操作なので四苦八苦するかと思いますが、仕事をしていくうちに徐々に覚えていきます。

クライアント側も、WordPress初心者のライターのためにマニュアルを用意してくれていることがほとんどです。

ですので、最初のうちはマニュアルを見つつWordPressの操作を覚えていくといいでしょう。

 

徐々に慣れてきたら、画像挿入や文字挿入・タグやカテゴリーの設定、ディスクリプション(概要文)の執筆など細かい部分にも手を出してみるのもいいかもしれません。

 

単価アップしたいならWordPressの基本操作は必須

先述しましたが、Webライターがスキルアップ&単価アップをしていく上でWordPressの基本操作はある程度出来ておいたほうが得です。

その理由は、以下の通りです。

 

1.直接入稿することでクライアント側の手間が省ける

まず、ライター側がWordPressで直接入稿ができればクライアント側の手間も大幅に省けます。

WordPressで直接入稿するのって、正直面倒くさいんですよね。

私自身もこのブログを運営してから分かりましたが、別のデータ(Word、テキストなど)からWordPressにコピペして文字装飾、見出しタグ挿入するのってめちゃくちゃ面倒です。

 

1日あたり1記事程度なら何とかやれますが、これが10記事・20記事…となるとかなり地獄です。

大幅に時間がかかってしまいます。

だからこそ、WordPressの基本操作が出来るライターはクライアントからも重宝されて、なおかつ単価も上がりやすいのです。

 

私もWordPressを使い始めてからかれこれ半年くらい経っていますが、履歴書などに「WordPressの基本操作可」って書いたら色々な案件に受かりやすくなりました。

(あくまで私の体感ですが)

クライアントの予算によってある程度変わってきますが、WordPressを使えたほうが仕事も獲得しやすくなりますし、微量ですが単価もアップしやすくなります。

 

また、自身のスキルアップにも繋がるのでおすすめです。

 

2.営業用のポートフォリオが出来る

次に、営業用のポートフォリオを作ることが出来ます。

基本的にライターを募集しているクライアントは、募集案件にあっているかどうか判断するためにポートフォリオ(記名入りの記事のURLなど)を求めてきます。

 

もちろん、記名入りの記事であれば自分のブログでもOKです。

WordPressを使って書いた記事をポートフォリオとして提出すれば、採用される確率がグッと上がります。

私もWordPressを使って書いた記事をポートフォリオとして提出したら、仕事を獲得することが出来たのでおすすめです。

 

案件の見つけ方は?使用経験がなくても大丈夫?

WordPressを使ったライティング案件を見つけたい場合は、クラウドソーシングサービスを利用してみるといいでしょう。

クラウドワークスやLancersのキーワード検索で「WordPress 未経験」で探せば、使用経験なしでもOKな案件を見つけることができます。

WordPressの使用経験がなくても募集している案件は意外とありますので、定期的にチェックしてみるといいでしょう。

 

まとめ

今回はWebライターがWordPressを使えたほうが良い理由についてご紹介していきました。

WordPressの基本操作ができれば、仕事の幅も増えますしスキルアップ・単価アップにも繋がります。

最初は慣れない操作に四苦八苦するかと思いますが、使っていくうちに徐々に慣れていくので大丈夫ですよ。

慣れないうちは、WordPressでの執筆のみの案件を請け負ってみるとなんとなくWordPressがどんなものなのか分かります。

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

  • もちころ
  • 就労経験全くなしの状態で、フリーのWebライターになっちゃった人。
    FP3級の資格勉強中
    最近はLINEのワンコイン投資にドハマリ中…。
    ブログでは初心者向けに仕事の取り方やら仕事をするときの注意点などをご紹介していきます
    月に1回は必ず更新するので、安心してね!