楽天銀行で本人確認が取れなかったらどうなる?口座開設はオジャン!?経験者が徹底解説!

銀行に行かず、スマホもしくはPCがあればどこからでも銀行口座を開設できる「楽天銀行」。

仕事の関係上、もう1個口座がほしかった私は前から気になっていた楽天銀行の口座を作ろうと思ったんですよ。

しかし…しかし…。

痛恨のミスで口座を開設できず、結局また新しく申し込む羽目になりました…。

 

というわけで今回は、楽天銀行で本人確認出来なかった場合どうなるのかを私の実体験を踏まえて詳しく解説していきます。

楽天銀行とは

まずは、楽天銀行についてさらっとおさらいしていきます。

楽天銀行とは、ネットで口座を開設することが出来る銀行です。

従来は、銀行に行って口座を開設しなければなりませんでしたが、インターネットが普及したことからスマホやPCでも銀行口座を作れるようになったのです。

 

無料で口座を開設することができ、店に行ってわざわざ並ぶ必要もないので銀行に行く時間がないという場合におすすめですよ。

 

提出できる本人確認書類

楽天銀行で口座を開設する際、必ず本人確認書類を求められます。

提出可能な書類は、以下の通りです。

  • 運転免許証(住所変更をしている場合は、裏面も撮影)
  • マイナンバーカード(通知カードは不可)
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)
  • 健康保険証+公共料金の領収書・請求書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

上記の書類を、楽天銀行のアプリから申し込む・郵送、もしくは配達員に提示する必要があります。

 

何歳から申し込める?

楽天銀行は、未成年者でも口座を開設することができます。
公式サイトによると、12歳以下でも親権者が代理で手続きをすれば口座を開設することができます。
※口座を開設する場合は、本人と親権者の身分証が必要になるので要注意

 

要するに、「親権者がOKして代理で手続きをしてくれれば、小学生でも口座を作れる」ということです。

「子供名義の口座を作ってあげたい」

そんな時におすすめの銀行と言えるでしょう。

 

楽天銀行を作るメリット

ここからは楽天銀行を作るメリットについてご紹介していきます。

 

わざわざ店に行く必要がない

楽天銀行はネット環境とPC・スマホさえあれば、どこからでも口座を開設することが出来るのです。

そのため、わざわざ銀行まで足を運ぶ必要はありません。

空いた時間にぱぱっと手続きをすることができます。

仕事が忙しくてなかなか銀行に寄れない、外に出るのがしんどい…そういった時でも気軽に開設出来るのが楽天銀行のメリットです。

 

24時間365日利用できる

一般的な銀行の場合は、営業時間内でなければATMを利用することが出来ません。

夜遅くまでは営業をしていないので、急ぎの振込などには間に合わない…というケースもあります。

楽天銀行の場合はシステムメンテナンス時を除けば、24時間365日近くにあるATMで取引することができます。

昼夜問わず、どんな時間帯にも利用出来るのが楽天銀行のメリットです。

 

ATMの手数料が月5回無料(新規口座開設から半年まで)

通常ATMを使って入出金をする場合は、手数料がかかってしまいがちですが楽天銀行は違います。

なんと、楽天銀行で新規口座開設をして半年までATMの手数料が月5回まで無料になるのです。

ATMの手数料が無料になるのは、本当に助かりますよね。

 

また、新規口座開設から半年経っても無料でエントリー出来る優待プログラム「ハッピープログラム」にエントリーすれば月最大7回まで手数料が無料になります。

ATMの手数料が無料になるのって、本当に嬉しいですよね。

頻繁にATMを利用しない人に、とってもおすすめの銀行といえます。

 

スマホで残高を確認出来るので、通帳いらず

楽天銀行は、専用アプリをインストールしてログインをすればそのまま残高を見ることができます。

そのため、わざわざ通帳を作成する必要もありません。

手軽に残高を確認できるのも、楽天銀行のメリットです。

 

便利すぎな楽天銀行!実際に申し込んでみた

あまりにも便利すぎる銀行のため、前々から「使いたいなー」と思っていた私。

諸々の事情があって作るのを忘れてしまっていましたが、先週あたりついに申し込んでみました!

ここでは、楽天銀行の大まかな申し方を簡単にご紹介していきます。

  • 楽天銀行公式サイトで「口座開設申込」をクリック
  • 必要情報の入力(氏名・住所・生年月日・メールアドレスなど)
  • キャッシュカードの選択(デビットカード機能付きか、クレジットカード機能付きかを選べる)
  • 規約に同意し、申込

こんな感じです。

本人確認は、アプリでやるのが面倒くさかったので「配達員に提示」を選択しました。

とりあえず何も考えず、案内に従うがまま入力した結果…口座開設ができなくなってしまったのです。

今覚えば、これが布石だったのかもしれません…。

 

生年月日不一致という痛恨のミス!口座開設は白紙に…

「口座開設が完了したよ!」というメールが届き、後はキャッシュカードが届くのを待つだけ。

待つこと1週間ちょい…家のチャイムがなり配達員がやってきたので、身分証を片手に急いで戸を開けました。

 

これで楽天銀行が使える…!

そう思い、配達員に身分証を提示しました…。

しかし…。

すみません…。頂いた情報と生年月日が一致しないんですけど…。

ふぁっ?

生年月日が一致しない?

 

そんなバカなと思い、もう一度配達員に聞いてみましたが「生年月日が一致しないので、キャッシュカードはお届けできない」と言われ持ち帰られてしまいました。

「何かの手違いかもしれない」と思い、楽天銀行のサポートへチャットで問い合わせてみました。

 

すみません。なんか生年月日が一致しないって言われてキャッシュカードが持ち帰られちゃったんですけど、申込内容って今から変更できますか?

数分経った後、サポートから返信が来ました。

要約するとこんな感じです。

すみません。口座解説した時点で申込内容の修正は不可です。あと、キャッシュカードが持ち帰りされたとのことでしたが弊社に返送され次第、口座開設は途中終了となります。申し訳有りませんが、また新しく申し込んでください。

な、なんてこった~!!!

まさかの口座開設が白紙に終わるとのこと。

あれだけ待った結果がこれかよ…と思いましたが、もともと自分で申込内容を間違えたので仕方がありません。

また時間があったら、新しく口座開設を申し込もうと思います…。

 

まとめ:ネット銀行作る時は、申込内容が間違ってないか確認しとけ!

今回の失敗で学んだことは以下の通りです。

  • 申込内容は隅々まで確認する
  • もし間違っているか確認したい場合は口座開設する前に確認する

楽天銀行はネットで無料で作ることが出来ますが、申込内容と本人確認書類が一致しなかった場合はまた新しく申し込まないといけません。
楽天銀行に限らず、はじめてネット銀行を作る人は申込内容を必ず確認しておきましょう!

  • もちころ
  • 就労経験全くなしの状態で、フリーのWebライターになっちゃった人。

    アニメ/副業/恋愛からゲス話などが大好き。
    最近72kgになりました。

    アイコンはココナラで書いてもらいました、すこ